茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 伝えたい 残したい 「昔の牛久の写真」展

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 牛久市 ]

伝えたい 残したい 「昔の牛久の写真」展


2017年7月1日(土) 〜 2017年7月30日(日)

建設中の牛久駅舎(橋上化工事)昭和58年
建設中の牛久駅舎(橋上化工事)昭和58年

明治から昭和にかけて牛久市内で撮影された写真を集めた企画展が、7月30日(日)まで同市中央生涯学習センターで開かれている。午前9時〜午後4時、入館無料。

牛久市では数年前から市民に募った懐かしい風景を写した約1100点を所蔵しており、市報などで紹介してきた。今回は同センターの開館30周年を記念して、「牛久沼周辺の農業・漁業」「広がる田畑」「人々の暮らし」「変わり行く景観」などのテーマで約50点を展示。

桂川で遊ぶ昭和15〜16年頃の子どもたちや、同40年代まで稲荷川周辺で見られた浮田のほか、昭和60年のつくば科学万博を機に駅の橋上化や団地の造成など街の発展を現在の風景と比較して紹介する。24日(月)休館。

■問い合わせ
029(871)2300/牛久市教育委員会・文化芸術課

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
6月28日(水)
6月29日(木)
6月30日(金)
7月1日(土)
7月2日(日)
7月3日(月)
7月4日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2018-04-22更新 ]
  1. 筑波大学を卒業し、竹細工制作を始めて2年余りの橋本千菜美さんは、身ひとつで歩いた学生時代の貧乏旅行経験も手伝って、安定よりも「自分が好きだと思えることがしたい」と竹細工の世界に飛び込んだ。現在は筑波山麓の農場で働きながら作品を制作。昔に比べ竹細工の需要は激減しているが、地域住民との縁に頼りながら「ミニマムな生活」を楽しんでいる。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
  3. 喫茶処あん庵の4周年記念祭が、4月21日(土)と22日(日)に開かれる。
  4. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  5. この時期だけ楽しめる大人気の「オムハヤシ」(サラダ付き1,080円)が、4月14日から登場!
  6. 木漏れ日が降りそそぐ爽やかなフレンチレストラン「樹音」。
  7. 四季折々で上品かつ優しい味の菓子が並ぶ、創業120年の老舗和菓子店。
  8. 取手市内の古墳にスポットを当てた企画展が、4月22日(日)まで同市埋蔵文化財センターで開かれている。
  9. 落ち着いたフィッティングルームが自慢の眼鏡店「GRAN GLASSES」が、このほどつくば市学園の森にオープンした。
  10. 食を通じた健康づくりを提案するイオラスハーブ館が、このほどボーンブロススープと雑炊の販売を開始した。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 土浦市東真鍋から2017年同市生田町へ移転したパン工房「T-LAMP」。つくばからも訪れやすくなり、今まで以上にパン好きの支持を集めている。
  2. 牛久市にある「焼菓子家 泉」は、旬の果物や野菜を使った焼き菓子の店。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 淡水パールで春気分
  2. 提案型インテリアショップ
  3. おいしさと健康、手軽に取れる
  4. 相場情報と買い取り実績公開
  5. 4月27日、筑波大学「みんラボ」
掲載案内