茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 若林暢さん追悼リサイタル
2017年8月のイベント情報
 
 






2017年9月のイベント情報
 
 
 
 
 
1
2

3
4
5
6
7
8
9

10
11
12
13
14
15
16

17
18
19
20
21
22
23

24
25
26
27
28
29
30


2017年10月のイベント情報
1
2
3
4
5
6

8
9
10
11
12
13
14

15
16
17
18
19
20
21

23
24
25
26
27
28

29
30
31



筑波国際アカデミー

茨城県のイベント情報


地図表示
[ つくば市 ]

若林暢さん追悼リサイタル


2017年6月24日(土)

最期まで演奏家として生きた若林暢さん
最期まで演奏家として生きた若林暢さん

2016年6月に他界したヴァイオリニスト若林暢(のぶ)さんを追悼するリサイタルが、6月24日(土)つくば市ノバホールで開催される。午後7時20分開演。入場無料。主催/ウィーンつくば市民交流の会。

4歳でヴァイオリンを始め天才少女と注目された若林さんは、東京藝術大学付属高校、同大、同大学院を経て名門ジュリアード音楽院を卒業。1986年にニューヨーク国際芸術家コンクール、ヴィエニャフスキ国際コンクールなどで優勝・入賞多数。87年カーネギーホールでのデビューリサイタルが高く評価され、以後、世界各国でソロリサイタルやオーケストラとの共演などで活躍。その演奏の素晴らしさから「魂のヴァイオリニスト」と呼ばれたが、乳がんに冒され58歳で他界した。晩年は余命宣告を受けても自身の両親の家庭内介護を続け、ヴァイオリニストの生涯を貫いた。つくば市の100本のクリスマスツリーチャリティーコンサートや竜巻被害復興支援の演奏会にも駆けつけるなど、地元でもよく知られる。

リサイタルはそんな若林さんを偲び、歌手さだまさしさんも魅せられた魂のヴァイオリニストのCD発売記念として開かれ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団主席フルート奏者ワルター・アウアーさんほか交流のあった演奏家が友情出演する。演奏曲はバッハ、ビゼー、ドップラーほかを予定。受付には東日本大震災復興支援の募金箱を置く。

■予約・問い合わせ
029(857)3634
090(9320)4766/ウィーンつくば市民交流の会

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
6月21日(水)
6月22日(木)
6月23日(金)
6月24日(土)
6月25日(日)
6月26日(月)
6月27日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-08-23更新 ]
  1. 古来、日本人が描いてきた地獄に関する書物や絵巻物などを紹介する企画展が、8月31日(木)まで国立公文書館つくば分館で開かれている。
  2. 県内全域で中古車の出張買い取りを行っているカーレポ株式会社では、親子で楽しめる「リサイくるまつり」を8月26日(土)同社ひたちなか工場で開く。
  3. 全国から作家や雑貨店などが出店する手作り品の販売会「手作り・雑貨&クラフトフェア」が、9月9日(土)と10日(日)つくばカピオで開催される。
  4. リニューアルした常総市地域交流センター1階に、市内の名産品が集まる直売所が9月30日までの土曜・日曜限定でオープンしている。
  5. 夏休みの自由研究にも役立つ子どもたち向けの講演会「飛行機はなぜ飛ぶの?ブーメランの不思議な飛行」が、8月26日(土)阿見町の予科練平和記念館で開かれる。
  6. 流通経済大学スポーツ健康科学部では、研究を目的とした血管年齢測定の希望者を募集している。
  7. フォトスタジオ・パセオヌエボつくばでは、2019年に成人式を迎える女性を対象とした「成人振袖試着会」を8月26日(土)〜28日(月)に開催する。
  8. 「がませんべい」など地元つくばや茨城土産を企画・販売する株式会社オーヤマでは、筑波学院大学の学生がデザインしたかわいらしいパッケージの「おいもちゃん」を新発売した。
  9. 土浦界隈まちづくり研究会では、土浦市のまちかど蔵野村隣接の「井戸端庵」で開かれる「古美術の見方・楽しみ方講座」の参加者を募集している。
  10. IT人材不足などを背景に、2020年からプログラミング教育が小学校で必修化される。担任教諭の負担増や技術不足が懸念される中、早くも都内を中心に民間の同教室が急増。子どもたちの興味は膨らむ一方だが、「家で教えてと言われたらどうしよう」と、不安を募らせる親たち。そこで、筑波大学大学院システム情報工学研究科助教の渡辺知恵美さんが、お母さん向けプログラミング教室をスタートさせた。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. さまざまな分野での利用が注目されるドローンの操縦から運航管理までを学べる「JUIDA認定講座」が、10月から土浦市の筑波研究学園専門学校で開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ「北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ」戦が、9月2日(土)牛久運動公園野球場と3日(日)J:COMスタジアム土浦で開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 「豊田城」に名産品直売所
  2. 9月9日・10日、手作り品の大販売会
  3. 国立公文書館つくば分館で「おもしろ地獄」展
  4. 「血管年齢」測定参加者募集
  5. 女性対象の成人振袖試着会
掲載案内