常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 特別展「土浦八景―よみがえる情景へのまなざし」開催

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

特別展「土浦八景―よみがえる情景へのまなざし」開催


2017年3月8日(水) 〜 2017年5月7日(日)

垂松亭八景詩巻「小松秋月」部分(土浦市立博物館所蔵)
垂松亭八景詩巻「小松秋月」部分(土浦市立博物館所蔵)

特別展「土浦八景—よみがえる情景へのまなざし」が、5月7日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

江戸時代、中国にならって8つの景勝地を選び「帰帆」「秋月」「夜雨」などの語と漢詩や俳句を組み合わせることが各地で流行。土浦でも1752年(宝暦2)、藩主・土屋篤直が「銭亀橋夕照」や「小松秋月」など八景を選定したことが近年見つかった巻物「垂松亭八景詩巻」から判明した。

今展では、江戸後期に土浦出身の天文学者・沼尻墨僊や国学者・色川三中、俳人・内田野帆など町人層によって「川口帰帆」や「神竜寺暁鐘」などもう一つの八景が選ばれたことを資料を基に紹介。併せて庶民の風俗が生き生きと描かれた「近江八景図屏風」や巨大な老松のシルエットを豪雨の中に浮かび上がらせた歌川広重の「唐崎夜雨」、垂松亭八景選定の1世紀後に沼尻墨僊によって作られた「霞浦八景扁額」も展示することで、八景の担い手となった先人たちの「まなざし」を考察する。

また、「土浦八景の今昔」と題した写真展や現代の「新土浦八景」を選ぶ投票、市内の小学生が選んだ土浦の名所に関する学習成果も紹介する。入場料一般105円、小中高生50円。月曜休館。関連イベントは次の通り。

▼土浦城ウオッチング=4月8日(土)午前9時〜正午。参加費100円(資料代)。定員35人
▼記念講演会「瀟湘八景から日本の八景へ」=4月15日(土)午後1時半〜3時。講師は慶応義塾大学教授・堀川貴司さん
▼連携講座「八景に見る霞ケ浦と常総地域」=4月23日(日)午後1時〜4時。

■問い合わせ
029(824)2928/土浦市立博物館(同市中央1-15-18)

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
3月5日(日)
3月6日(月)
3月7日(火)
3月8日(水)
3月9日(木)
3月10日(金)
3月11日(土)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-12-12更新 ]
  1. 関東・東北豪雨で決壊した常総市三坂地区一帯に完成した堤防の土手を歩くウオーキングイベントが、12月10日(日)に開かれる。
  2. 取手駅西口周辺をキャンドルの明かりで結ぶ「ゆいあかり」が、12月15日(金)行われる。
  3. 第23回全日本ラート競技選手権大会が12月9日(土)と10日(日)つくばカピオで開かれる。
  4. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  5. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
  6. 木村拓哉やえなりかずきなど、多彩なものまねレパートリーで知られるタレントのホリさんのスペシャルライブが、12月18日(月)ものまね居酒屋歌芸夢者で開かれる。
  7. 茨城県出身の画家・秋山桑人による郷土の偉人を描いた絵巻などの企画展が、12月24日(日)まで坂東市立資料館で開かれている。
  8. 「木綿屋こっとんちゃっく」の冬物ウエアセールが、12月14日(木)からつくば・守谷・水戸の3店で開催される。
  9. 石岡市出身の勤皇の志士・佐久良東雄の生涯を紹介する企画展が、2018年1月28日(日)まで同市立ふるさと歴史館で開かれている。
  10. 関東最大級の蔵書と敷地面積を誇るつちうら古書倶楽部の「師走のふるほんまつり」が、12月9日(土)〜17日(日)まで開かれる。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 12月18日、ホリ・スペシャルライブ
  2. 12月15日、キャンドルイベント「ゆいあかり」
  3. 「孫育て」と「地域ぐるみ」
  4. 12月10日、常総でペアウオーク
  5. 冬物服・生地セール
掲載案内