茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 特別展「土浦八景―よみがえる情景へのまなざし」開催

茨城県のイベント情報


地図表示
[ 土浦市 ]

特別展「土浦八景―よみがえる情景へのまなざし」開催


2017年3月8日(水) 〜 2017年5月7日(日)

垂松亭八景詩巻「小松秋月」部分(土浦市立博物館所蔵)
垂松亭八景詩巻「小松秋月」部分(土浦市立博物館所蔵)

特別展「土浦八景—よみがえる情景へのまなざし」が、5月7日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

江戸時代、中国にならって8つの景勝地を選び「帰帆」「秋月」「夜雨」などの語と漢詩や俳句を組み合わせることが各地で流行。土浦でも1752年(宝暦2)、藩主・土屋篤直が「銭亀橋夕照」や「小松秋月」など八景を選定したことが近年見つかった巻物「垂松亭八景詩巻」から判明した。

今展では、江戸後期に土浦出身の天文学者・沼尻墨僊や国学者・色川三中、俳人・内田野帆など町人層によって「川口帰帆」や「神竜寺暁鐘」などもう一つの八景が選ばれたことを資料を基に紹介。併せて庶民の風俗が生き生きと描かれた「近江八景図屏風」や巨大な老松のシルエットを豪雨の中に浮かび上がらせた歌川広重の「唐崎夜雨」、垂松亭八景選定の1世紀後に沼尻墨僊によって作られた「霞浦八景扁額」も展示することで、八景の担い手となった先人たちの「まなざし」を考察する。

また、「土浦八景の今昔」と題した写真展や現代の「新土浦八景」を選ぶ投票、市内の小学生が選んだ土浦の名所に関する学習成果も紹介する。入場料一般105円、小中高生50円。月曜休館。関連イベントは次の通り。

▼土浦城ウオッチング=4月8日(土)午前9時〜正午。参加費100円(資料代)。定員35人
▼記念講演会「瀟湘八景から日本の八景へ」=4月15日(土)午後1時半〜3時。講師は慶応義塾大学教授・堀川貴司さん
▼連携講座「八景に見る霞ケ浦と常総地域」=4月23日(日)午後1時〜4時。

■問い合わせ
029(824)2928/土浦市立博物館(同市中央1-15-18)

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
3月5日(日)
3月6日(月)
3月7日(火)
3月8日(水)
3月9日(木)
3月10日(金)
3月11日(土)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-10-23更新 ]
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. みずほの村市場では、秋の収穫を祝う恒例の「村まつり」を10月28日(土)と29日(日)に開催する。
  3. 鎌倉から戦国時代にかけて常陸国南部一帯で勢力を誇った小田氏を弔う大護摩法要が、10月28日(土)つくば市の小田城跡歴史ひろばで開かれる。
  4. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
  5. 元保育士・けいたろうさんの講演会が、10月28日(土)午後1時からかすみがうら市のあじさい館で開かれる。
  6. 取手競輪場では、12月2日(土)に「初心者のための競輪観戦&明治なるほどファクトリー守谷見学ツアー」を開催。20歳以上の競輪初心者30人を無料招待する。
  7. 県内の人気コロッケ店が集合する催しが、10月22日(日)龍ケ崎市役所駐車場で行われる。
  8. 「つくば産業フェア&農産物フェア」と「健康フェスタ」が、10月21日(土)と22日(日)つくばカピオと大清水公園で開催される。
  9. つくば市にある「会津蕎麦 あずまや」では、福島県会津美里町産のそば粉を使用し、「風味とコシと喉越しの良さ」を大切にした二八そばが味わえる。
  10. つくば市北条、神郡、臼井地区の風景の中に造形作品を置いた「アートセッションつくば2017」が、11月12日(日)まで行われている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. つくば市内でワイン用のブドウを栽培する個人事業者に追い風が吹いている。この秋、同市が国に「ワイン特区」を申請したためで、認められれば果実酒の年間最低製造量が大幅に引き下げられ新規参入が容易に。地域の特産物を使った新たな産業や観光資源の創出、新規就農者の増加や遊休農地の活用などに関係者らが期待を寄せている。
  2. 今も高い人気を誇る画家でデザイナーのアルフォンス・ミュシャの企画展が、11月26日(日)まで筑西市のしもだて美術館で開かれている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 初心者のための“競輪観戦ツアー”
  2. 10月28日「けいたろうさん」講演会
  3. 10月28日と29日「村まつり」
  4. 小田氏の「大護摩法要」
  5. 「地産地消ワイン」着々
掲載案内