茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 水郷桜イルミネーション
2017年6月のイベント情報
 
 
 
 


12
13
14
15
16




2017年7月のイベント情報
 
 
 
 
 
 




23
24
25
26
27
28
29

30
31


2017年8月のイベント情報
 
 
1
2
3
4
5

6
7
8
9
11
12

13
14
15
16
17
18
19

20
21
22
23
24
25
26

27
28
29
30
31



筑波国際アカデミー

茨城県のイベント情報


[ 土浦市 ]

水郷桜イルミネーション


2016年11月19日(土) 〜 2017年2月19日(日)

オランダ型風車を中心に幻想の世界が広がる
オランダ型風車を中心に幻想の世界が広がる

霞ケ浦や花火など土浦の象徴を美しい光のアートで表現する「水郷桜イルミネーション」が、11月19日(土)から同市霞ケ浦総合公園オランダ型風車前広場でスタートする。午後5時〜9時。入場無料。

約21万球のLEDライトによるイルミネーションは、高さ25メートル・羽直径20メートルの風車イルミネーションを中心に、花畑、帆引き船とカモメ、桜川、筑波山のほか桜・花火・フルーツの各アーチ型イルミネーションと多彩。市民参加の手作り竹あかりが幻想的にゆらめき、幸せの鐘も輝く。

さらに今年は、水辺に映り込む幻想的な花ハスをモチーフにした「ハス田イルミネーション」エリアを拡大し、風車下の花壇には「花のイルミネーション」を設置。冬咲きのアイスチューリップも同時展示され会場を彩る。

19日に点灯式を行い、2017年2月19日(日)まで点灯する予定。駐車場約100台。

■問い合わせ
029(823)4811/土浦市産業文化事業団

お問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただければ幸いです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
11月16日(水)
11月17日(木)
11月18日(金)
11月19日(土)
11月20日(日)
11月21日(月)
11月22日(火)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-06-28更新 ]
  1. 土浦市の川口運動公園野球場がこのほど「J:COMスタジアム土浦(Jスタ)」の愛称決定とともにリニューアルされ、竣工記念試合が7月1日(土)に開かれる。
  2. カードゲームやボードゲームなど国内外発のさまざまなテーブルゲームが楽しめる「つくば駅前ゲーム会」が、TXつくば駅隣接BiViつくば内・筑波大学サテライトオフィスで開かれ、参加者がゲームを通して交流している。
  3. メロン生産量日本一の鉾田市で50余年、3代にわたって栽培に取り組む深作農園では、完熟メロンを7月下旬まで直売している。
  4. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
  5. 染谷家具守谷店では、「想い出いっぱいの家具をよみがえらせよう」をテーマに家具の修理を受け付けている。
  6. 龍ケ崎市では、育児をする男性“イクメン”をテーマにした川柳を7月31日(月)まで募集している。
  7. 茨城・栃木・千葉でウイークリーマンションを展開するホソダ興産では、53ケ所目となる物件をつくば市要にオープンした。
  8. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  9. 土浦市観光協会では、第18回常陸国・小野小町文芸賞の短歌と俳句作品を募集している。
  10. 英語での幼児教育を実践しているキッズクリエーションつくばでは、夏休みのサマースクールとサマーキャンプの参加者を受け付けている。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 深作農園の完熟メロン7月下旬まで直売
  2. お試しキャンペーン
  3. 想い出深い家具をよみがえらせよう
  4. 短歌・俳句作品募集
  5. 龍ケ崎市が「イクメン川柳」募集
掲載案内